スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIDフォグ ② 遮光管 取付編  [STREAM]

グレア光の軽減のため購入した遮光管。
バーナーに取り付けるための加工を終えてフォグユニットへ装着してみる事にしました。

ここで頭の片隅にも無かった初歩的な問題に初めて気付く私。
通常はバーナーを装着すると、写真のようにバーナーのセラミックチューブは下側にきます。
ストリーム フォグランプ HIDバーナー 装着

しかし、遮光管を装着したこのバーナーはというと…
HIDバーナー 遮光管 取り付け

セラミックチューブ側に遮光管の切れ込みが向いています。
このまま装着すると、下向きの光のみを通す事になるのでリフレクターに反射させるフォグの構造上、本来カットしたい上向き方向へ光のみを通す事になります。
本来必要な路面を照らす光は遮光管でカットされてしまうのでこのままだと使い物にならず、フォグに不要な上向きの光が残るだけ。

なぜ気付かなかったんだ…まったく

本来この遮光管はバーナーに挿入後半回転させる必要があるのですが、使っているバーナーのセラミックチューブとガラス管の間に遮光管を回転させるだけの隙間が無かったので回転させていなかったのが原因です。

遮光管を回転させるのは無理なので、バーナーを買い換えるか、遮光管はこのままでバーナーの固定用のツメをカットして新たなツメをプラリペアで再成形するか…
なんていろいろと考えていましたが、ふとした事からなんとか解決。

少し角度をつけて斜めにバーナーを挿入することでセラミックチューブを上にしてフォグユニットに装着する事ができました。
ストリーム フォグランプ HIDバーナー 装着

ツメを一箇所斜めにはめてから他の二箇所のツメを入れ込む感じ。
知恵の輪っぽいイメージです。

本来よりは無理のある固定方法なので、がたつきの防止に余っていた根本のゴムパッキンを少し切って追加しておきました。
HIDバーナー 追加用 ゴムパッキン OリングHIDバーナー 遮光管 ゴムパッキン 追加

念のため空焼きを行い、バーナーを再度フォグに装着。
ストリーム フォグランプ HID 取り付け 空焚き

フォグの裏側からもテープで固定したので、がたついたり外れたりする心配は無さそうです。

遮光管装着の効果ですが、気になっていた斜め上方向へのグレアがカットされ気にならなくなりました。
ストリーム フォグ HID 遮光管装着後

これで点灯させただけで迷惑になるような事は無さそうです。
肝心の路面を照らす明るさも問題なし。

ストリームのフォグはもともと小ぶりなサイズなので霧の中での実用性は?ですが、ヘッドライトでは照らされない足元に近い部分や横方向を照らしてくれるので、住宅街などで歩行者や脇の障害物を認識するのにとても役立っています。

マナーをわきまえて使えばいいんですが、やっぱりライトは使いたい時に気兼ねする事無く使えるほうが私はいいと思います。
ドレスアップだけが目的でなく、実用性、マナーを考えるなら遮光管の装着はオススメです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

オースケ

Author:オースケ
車ネタを中心に日常の出来事を書いています。
最近記事を書いていませんでしたが、またちょこちょこと書いていこうと思います。
記事の日付に関わらず、コメントお待ちしております。

- プロフィール -

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。