スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

music chample × FRISK

この前に購入したミュージックチャンプルがちょうどフリスクのケースに入る大きさだったので、ためしに工作をしてみる事にしました。
以前に、初代iPod shuffleをフリスクっぽくするのが流行ったのが懐かしいです。

家にあるのはクルマとバイクいじりのための工具ばかりなので、足りないものはダイソーにて調達し、いざ工作開始!

ミュージックチャンプルをフリスクにあてがってみるとビックリするほどぴったりで、チャンプル本体の加工はイヤホンジャックの上の出っ張りを削るだけで済みました。

続いて、フリスクケースの加工へ。
一番大変だったのは、操作パネルの部分。
きれいな円形の穴を開けなければなりません。
円形に切抜けるコンパス型カッターを使って軌道となるキズをつけて、けがき針でガリガリ削って穴を開けました。

途中で割ってしまったり、円が歪んでいたりで数個のフリスクケースを無駄にしながらも、なんとか穴あけに成功。
まぁ脇にはライムミントのフリスクタワーが建っていますので、納得いくまで削り放題です。

FRISK フリスクタワー

次に電源スイッチ、イヤホンジャック、USBポート、カードスロット、LED確認用の穴を開けます。
マジックペンでカットするラインを下書きし、ピンバイスとカッターを使い穴を開けました。
USBポートとカードスロットは普段は隠れてしまうので、手抜き仕上げで…
ミュージックチャンプルをセットして明るい懐中電灯を当てると、穴を開ける部分が透けて分かるので便利です。

FRISK MP3プレイヤー 自作
FRISK MP3プレイヤー 自作

フリスクの上蓋には、電源の操作とイヤホンを挿すための四角い穴とLED確認用の穴を開けます。

FRISK MP3プレイヤー 自作

最後にケースにミュージックチャンプル本体をはめ込み、両面テープで固定。
フリスクを入れる部分とチャンプル本体を分けるために仕切りを付けて、上蓋をはめたら完成です。

FRISK MP3プレイヤー 自作

上蓋の四角い穴を少し大きめに開けることで、イヤホンを挿したままケースをスライドさせる事ができます。 ちゃんとフリスクとして使えます。食べれます。

FRISK MP3プレイヤー 自作

ミュージックチャンプルには左右の音声出力が逆という隠れた欠点があるので、断線したケーブルを使って左右を逆に半田付けした延長ケーブルを作成。
さらにフリスクケースに入れてみました。

FRISK MP3プレイヤー 自作

粗だらけで改良の余地はありますが、一作目にしてはまぁ良く出来たかな。
工作するにあたっていろいろな記事から知恵を拝借しましたが、様々なものがフリスクの中に納まっていてビックリしました。
フリスクケースはまだまだ余っているので、また工作してみようと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

オースケ

Author:オースケ
車ネタを中心に日常の出来事を書いています。
最近記事を書いていませんでしたが、またちょこちょこと書いていこうと思います。
記事の日付に関わらず、コメントお待ちしております。

- プロフィール -

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。